トップ / 将来の目標と学校進学

将来の目標と学校進学

高等学校の選び方

留年

高等学校のランクによる進学

高校のランクによる進学について述べていく。大学進学をするのであれば、進学校や付属高校にいくのがベストだが皆が皆いけるわけではない。偏差値が低い学校で大学進学を希望するのであれば、中間試験期末試験で上位の成績を取ることが出来れば、大体日東駒専くらいの大学に推薦が出せたりする。ただランクが低い高校で、上位の成績を取ることは容易ではない。何故なら上位の高校に比べ生徒の学習姿勢、意欲などが低いことにより周りの友達に流されがちになってしまうからである。将来を考えて目標を掲げ、自分と言うものをしっかり持つことが出来れば大学進学出来ると考えられる。

ランクやレベルについて

学校にはランクがあります。義務教育が終わって高校に進学する時には、大学進学を考えているならば、少しでもレベルの高い高校へ進むべきです。レベルの低い高校に比べて授業内容も違いますし、先生のレベルも違います。同級生の考え方も違いますので、大学進学への環境が整っています。中学校と高校がひとつになった中高一貫校があります。ここへ入学できれば高校受験はありませんので、大学受験へ向けて6年間勉強できます。公立とは違う独自のカリキュラムですし、同級生も大学受験を意識していますので、モチベーションの維持にも役立ちます。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の面接対策をしよう. All rights reserved.