トップ / 学校の制度を知りましょう

学校の制度を知りましょう

不真面目な学校生活

留年

義務教育以外の学校は留年します

高校や大学などの義務教育以外の学校では、出席日数や単位が足りないと留年します。不真面目な学生生活をおくった自分の責任ですが、その後の人生に困ることもあります。奨学金を借りて大学へ行っている学生は、奨学金の支給が停止されることが考えられますので、生活にも困ることになります。日本の学校は諸外国に比べて留年や落第、退学が少ないぬるい環境ですので、甘えが出る学生もいます。特別優秀な成績を取らなくとも卒業できることも、学業に専念する気持ちを持ちにくい要因です。入学しにくく卒業しやすい制度は改善する時期に来ています。

留年した場合にどう考えるか

中学校までの義務教育期間は、成績が著しく低かったり不登校があったとしても卒業させてくれますが、高校以上となると単位というものが設定されており、それをクリア出来ないと留年となり、もう1年その学年をやり直さなければなりません。1年長くかかってでも卒業するか、中退の道を選ぶかは本人の意思や両親の意見などそれぞれありますが、大切なのはなぜそうなってしまったのかという点を考える点にあります。努力が足りなくて学校の成績が低かったのなら最大限の努力をして成績をアップさせればよいですが、不登校の場合はその環境になじめるかという点も重要になりますので、きちんと話し合いを持つことです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の面接対策をしよう. All rights reserved.